【プレスリリース】離職率0%を実現!新入社員の定着を促進しエンゲージメントを向上させる実践型研修プログラム「リフレクションラーニング」

離職率0%を実現!新入社員の定着を促進しエンゲージメントを向上させる実践型研修プログラム「リフレクションラーニング」

「人が育つ組織」づくりを目指して企業向け人材育成サービスを提供する株式会社ラーニングスクエアは、新入社員の離職防止とエンゲージメント(個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係)向上を両立する実践型研修プログラム「リフレクションラーニング」を開発。新入社員研修だけでなく、その後のフォローアップ施策として広く企業向けに提供を始めた。

リフレクションラーニングはこちら


企業の人材育成を支援する株式会社ラーニングスクエア(所在地:東京都千代田区、代表取締役:佐藤友三)は、新入社員の自己成長を促すことでエンゲージメントを高め定着率を向上させる実践型研修プログラム「リフレクションラーニング」を2018年2月26日より提供開始しました。

□特徴・詳細
リフレクションラーニングとは、同社が開発・提供している研修プログラムであり、管理職やプロジェクトメンバーなど、同じ状況や立場のメンバーが集まり、互いの仕事を通じて学び合う実践型人材育成ソリューションの一つ。この度、同社では、指示待ち、打たれ弱い、コミュニケーションが苦手と言われる新入社員が、同期同士で学び合い支え合いながら、社会人意識と働きがいを醸成していく長期学習プログラムを開発。初めての社会生活で慣れない環境の中、日々の現実に向き合い、悩みや困難を乗り越えるため、同期同士が学び合うことで、解決の糸口と明日への活力を持ち帰る振り返りと対話を中心とした経験学習プログラム。導入した組織では新入職員の離職率0%を実現している。メンター研修、管理職研修と連携することで、組織全体に人が「育つ」風土が醸成されるという。

□背景
同社では、創業以来、大学生、未就業者、新入社員~役員と、学生から企業人まで一貫してそれぞれが置かれた状況やその特性に合った人材育成プログラムを開発している。新入社員には、指示待ち傾向、打たれ弱い、コミュニケーションが苦手、という問題を指摘されることが多いが、そのような課題を解決することを、会社が強制し過ぎてきたことが新人が辞めてしまう理由のようだ。同社が接してきた新入社員のほとんどは「早く一人前になって、会社や社会に貢献したいと考えていた」という。このような経験と顧客企業との対話を通じて開発してきたプログラムがリフレクションラーニングだ。一人ひとり自分に合ったペースで日々の仕事から学び合い、同期同士で刺激を感じながら支え合うことで、モチベーションを高めながら自己成長が促進され、導入企業には、離職率0%を実現したところが1社だけに留まらないという。

□今後の展望
これからは、新入社員研修に組み込むだけでなく、新入社員研修後、1年後のフォローアップ研修までのプログラムとして提供することで、より多くの企業の定着率向上と、新入社員の社会人意識と働きがい醸成に貢献して行きたいとし、4月までのキャンペーン価格も用意しているという。

リフレクションラーニングはこちら

【株式会社ラーニングスクエアについて】
本社:〒101-0065 東京都千代田区西神田2-1-6佐藤ビル3F
代表者:代表取締役 佐藤 友三
設立:2008年08月08日
Tel: 03-6272-9531
Fax: 03-6272-9537
URL:http://learning2.co.jp/
事業内容:人財育成サービス
・人財育成コンサルティング
・研修サービス
・適性検査サービス
・採用検査サービス
・講義動画制作・配信サービス
・キャリア・就職支援教材制作サービス

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ラーニングスクエア
担当者名:本山 弘治
TEL:03-6272-9531